【緊急対策】LINE乗っ取り 企業の取るべき対策は?


ここ数カ月、継続的に話題になっている「LINE」の乗っ取り被害。

様々な対策がなされていますが、被害は収まるどころか拡大の一途をたどっています。

有名人、一般人問わず拡大していますので、あなたの会社にも

1人位は乗っ取られた人がいるのでは?

 

つい先日、ついに自分のアカウントにも連絡がありました。

Evernote_Camera_Roll_20140811_133055

Evernote_Camera_Roll_20140811_133055_(1)

キャプチャ

こんな時にこそと思い、用意していた三国志スタンプで撃退した訳ですが

出来れば自分のアカウントはこんな被害に合わないようにしたいですね。

 

対策も、面白な内容から真面目な内容まで雑多に情報が出てしまっていますので

企業内で周知出来るような、最低限やった方が良い対策を以下に纏めます。


 

Step 1: PINコードの設定をする

・スマートフォン版LINEアプリを開き、「その他」>「設定」>「アカウント」>「PINコード」を開く

・4桁の数字を2回入力する

・不正ログインをしようと、ログインを試みると「PINコード」を入力画面が表示される。

基本的な対策方法なので、必ずやりましょう。

 

Step 2: 他端末ログイン許可をオフにする

・「その他」→「設定」→「アカウント」→「他端末ログイン許可」をオフに

PC版LINEなどを使っていなければ、ここは常時オフで大丈夫です。

 

Step 3: 他サービスと重複しないパスワード設定にする

「その他」→「設定」→「アカウント」→「メールアドレス登録」→「パスワードの変更」

今回の乗っ取りは、他のサービスからメールアドレスやパスワードなどが流出した事により

同様のパスワードなどを使い廻して、LINEなどのサービスを使っていた人が主に乗っ取られています。

 

可能であれば、LINE専用のパスワードなどを作っておくのがベストでしょう。

────────────────────────────────

いかがでしょうか?

是非ともこれを機会に社内に一度周知して貰えればと思います。
自社の社員が、知らないとはいえ詐欺の片棒を担いでしまうのは、良い気分はしませんよね。

 -----

著者プロフィール:事業企画部 事業企画担当 中川  

図1

Facebook : https://www.facebook.com/bluemonday.nakagawa

2013年10月より新しく発足した事業企画部にて、事業開発・サービス開発部門と、イー・ガーディアン自身のマーケティング部門のディレクションを実施。実際に新規事業に繋がる案件や協業先の発掘から、独自サービスの開発・マーケティングをメインに担当。 

Topics: お知らせ

お問い合わせ・お見積もりはこちらからどうぞ

  • TEL
  • 0120-665-046
  • FAX
  • 03-5575-0621
[受付時間]
平日 10:00〜18:00

各種サービス資料の入手、
依頼内容などをご相談したい方

 資料請求

各種サービスの導入・提案を
ご希望の方

 見積依頼

広報・IR・採用・その他に
関するご相談

 お問い合わせ