ライブ動画や動画広告の著作権侵害・薬機法違反などを検知するAI機能

現在、スマートフォンや動画投稿サイトの普及を背景に、インターネット上の動画の量が急増するとともに、配信・投稿される動画のコンプライアンス違反が急増しています。
「TextVoice」では、配信される動画コンテンツを監視し、著作権侵害や薬機法違反などを迅速に検知し、動画市場の健全化をサポートします。

システムフロー図

動画内の音声をテキスト化し、不適切動画をチェック

「TextVoice」は動画データから映像と音声を分割し、音声から抽出したテキストデータをワードマッチにかけることで、著作権侵害などの違法動画配信や、動画広告の薬機法チェックなどをおこなうことができます。
また、人工知能型画像認識システム「ROKA SOLUTION」や画像内物体検知システム「Kiducoo AI」など、イー・ガーディアンが提供する既存のAIソリューションと組み合わせることで、画像と音声の両面からの監視や、マーケティングデータの収集をすることが可能です。

動画監視の自動化によるコスト・労力の低減

動画の監視はテキストや静止画像よりも情報量が多いため、全てをチェックするには多大な労力と時間が必要になります。「TextVoice」により、これまで時間のかかっていた監視業務を自動化することで、企画や分析などの上流工程に注力できる環境を作ることが可能です。

よくあるご相談

動画の監視をしたいが、判断基準がわからない

豊富な投稿監視の経験により、著作権侵害、薬機法関連のキーワードはもちろん、動画の趣旨にそった判断基準の制作からサポートいたします。

動画のトレンドを検証してマーケティングに利用したい

動画の音声を幅広く収集し解析・分析することで、ターゲットごとのトレンドや傾向を把握し、マーケティングに活用することが可能です。

サービスに関するお問い合わせ・お見積もりはこちらから