ネットパトロール(投稿監視)のその他事例

大手通信キャリア様

収集方法:週次、月次
運用代行:2ちゃんねる、ブログ、掲示板、Twitter、その他先方社内データ(コールセンターログなど)

検証軸:自社サービスを複数リリースしている為、ローンチ後の反応などの効果検証を重視。 要望や、不満の傾向を早急に察知し、サービス部門に最短で伝え、即時の改善へ結びつけられる体制を構築。

大手金融機関様

収集方法:日次、月次
運用代行:2ちゃんねる、ブログ、掲示板、Twitter

検証軸:『情報漏洩』や、顧客からの『クレーム』を軸に日次にて、前日分の投稿内容を全件目視監視。 これにより、問題が発生した際のスピード対応などを心がけるようにしている。(※現段階にて、大きな問題は発生せず)

大手食品メーカー様

収集方法:日次、月次
運用代行:2ちゃんねる、ブログ、掲示板、Twitter

検証軸:炎上の火種になるような投稿をいち早く察知することを目的として検証。 会社に対する批判コメントのみを収集し、自社商品に対するマズイ等の感想・意見は対象としていない。 前日~当日昼頃までにデータを全件目視、広報部・お客様相談室・リスクマネジメント部に対して日報を送信。

CASE STUDIES導入事例

多言語サポート ゲームカスタマーサポート

東宝株式会社

多言語サポートの連絡窓口を一本化 フレキシブルな対応と密な連携により、短期間でスムーズな導入を実現

セキュリティ教育

JCOM株式会社

演習課題をふんだんに盛り込んだ実践形式の「脆弱性診断内製化トレーニング」でWebセキュリティに関する知識やスキルのレベルの統一化を目指す

ローカライズ・カルチャライズ

HK Hero Entertainment

オンラインゲームのローカライズ・カルチャライズ業務には、運営・開発チームとヴィジョンを共有できる柔軟な対応力が不可欠

  •