マイクロソフトが研究開発している人口知能技術『アダム』と弊社が提供を開始した児童ポルノの自動画像識別技術には似た技術が利用されています。


MS、新しい人工知能技術を開発 機械があらゆるものを視覚的に認識(2/2ページ) SankeiBiz 2014.7.21

http://www.sankeibiz.jp/business/news/140721/bsj1407210500001-n2.htm

マイクロソフト、アダム、人工知能、視覚的、児童ポルノ、画像識別、画像解析、

記事内にもありますが、「この犬種は?」と画像を見せると、犬の種類を答える、ということが可能です。犬以外の画像を見せると、「これは犬ではありません」と答えるようです。

テキストで説明すると、地味過ぎてあまり価値を感じにくいのですが、これには画像解析における特殊技術の組み合わせで実現しています。弊社では、犬の代わりに「児童ポルノ」を人工知能に学習させてエンジンをつくりました。

 

記事内でも『この技術を応用すると、食事を撮影するとその栄養価が表示されたり、肌が荒れている時に写真を撮ると医学的な分析をしてくれたり、野山で草の写真を撮ると、それが食べられるものかどうかを教えてくれるといったことが実現される。』と書かれていますが、応用分野を広げるといろいろと付加価値を作れそうです。

弊社では「児童ポルノ」に加えて、「一般的なポルノ画像」「刺激的でグロテスクな画像」のフィルタも完成しており、その他にもいろいろと追加で提供していきたいと思います。