こんにちは!イー・ガーディアン ソーシャルメディアチームです。
 ソーシャルリスニング第三弾は、前回に引き続き「タピオカの次にくるのは?!~SNS傾向から2020年ネクストブームを探る~」について。(ちなみに、前回の記事はこちらから)今回はこれから流行るスイーツを予想してみました!

タピのアイキャッチ.jpg

流行のヒントはインフルエンサーの投稿

 夏をピークにタピオカの話題も落ち着いてきましたが、気になるのはタピオカの次に流行るスイーツではないでしょうか。トレンドの発信源として、最近の流行には欠かせない存在となっているインフルエンサーの皆さんの投稿にヒントがあるのではないか?と思い、Twitterで人気のグルメ系アカウントで、2018年と2019年にスイーツに関してどんなキーワードが話題になっているのか、比較してみました。

tapi3-1.jpg

※2018年/2019年 9月1日~11月10日
※スイーツグルメ系インフルエンサー 8アカウントの投稿、リプライ、RTの中から1万件をランダム抽出

 2018年には今年流行のピークを迎えた『タピオカ』がいち早くランクイン。昨年も既に話題にはなっていたものの、社会現象となるまでは至っていませんでした。『チーズ』に関しても、今年3月ローソンの「バスチー」が大ヒットする等、以前から続いていた流行のピークを迎えた感があります。やはり皆さん、トレンドを一足先に取り上げていそうですね。

人気拡大中の『わらび餅』。冬の話題化は?

 そして2019年、前年までは圏外であったにも関わらず突如浮上してきたスイーツが『わらび餅』。もちもちとした食感に黒糖との相性の良さがタピオカと似ていることから、ポストタピオカのスイーツドリンクとしても注目されました。

 タピオカやチーズと同様にこれから更なる流行間違いなし!と言いたいところですが、過去の『わらび餅』の話題推移を探ってみると、毎年ピークは6月~8月の夏季。今年は2月から流行の兆しが訪れたものの、9月に入ると話題数は急降下し、例年冬は苦戦しているようです。

tapi3-2.jpg

※調査期間:2017年 1月1日~2019年10月31日
※調査メディア:Twitter
※キーワード:"わらび餅" OR "わらびもち" OR "蕨餅"

しかし、寒い時期にもぴったりな『ホットわらび餅』というものも存在するようです。

寒い時期こそお餅に親しんできたわれわれ日本人にとっては、タピオカに代わる冬のドリンクとして、「ホットわらび餅ドリンク」等に進化を遂げるかもしれません。

2020年の流行は?

インフルエンサーのトレンドワードにはランクインしませんでしたが、今年9月に入って急に話題量が伸びたスイーツを発見しました。その名は『トゥンカロン』。

tapi3-3.jpg

※調査期間:2017年 1月1日~2019年10月31日
※調査メディア:Twitter
※キーワード:("韓国" AND "マカロン") OR "トゥンカロン"

 トゥンカロンとは、「太っている」という意味の韓国語と、「マカロン」を組み合わせた造語で、通常のマカロンよりも分厚く大きな、いわゆる”韓国マカロン”のことです。

これまでのマカロンは、百貨店や洋菓子店での販売が多く、店内飲食やまとまった個数の箱買いが主流となっています。一方で韓国のトゥンカロンは、タピオカ屋のようにカジュアルな路面店で販売されており、1つ1つかわいらしくラッピングされた外見は、持っているだけでも映えること確実です。

さらにはアイスとしても。

また、タピオカの話題とも下記のように共通点が多いこのスイーツ。

  • アジア発信のスイーツである
  • インフルエンサーが紹介済み
  • 片手での食べ飲み歩き、テイクアウトが可能
  • アレンジの豊かさから、バラエティに富んだ発展性がある
  • ピーク時の9月でも話題量は月間200万件を超えるタピオカの約1/700という少なさですが、今年9月から前月比3倍の話題に。有名インフルエンサーの”りょうくんグルメ”さんも今年の7月にいち早く紹介しています。

    2020年流行の予兆があるのではないでしょうか!?

    こういう小さな兆候を観測できるのもソーシャルリスニングの面白さですね。
    弊社ではこの面白さを企業向けにサービス提供しておりますので、興味がある方はこちらからご覧ください!!
    さて、タピオカを超えるスイーツは生まれるのか?韓国マカロンの話題も見守りながら、今後のSNS、インフルエンサーの動向を要チェックです!

    ブログ内容はメルマガでもお届け中!登録はこちらから