こんにちは!イー・ガーディアンです。

早速ですが、最近アプリレビューの評価を改善させるために、”ユーザーテスト”や”ユーザビリティチェック”などといわれるサービスを耳にする機会が増えて来ましたが皆さんご存知でしょうか??

 実はグループ会社の「EGテスティングサービス」では、デバッグ専門会社として様々なWebサイトやアプリのテスト・検証を行っており、テスターの知見を活かした「ユーザーテスト」をご提供しているんです!そこで今回はそもそも”ユーザーテストとは?”というところを紹介しながら、提供しているサービスの強みなどをあわせて紹介していこうと思います。

「ユーザーテスト」 とは

 「ユーザーテスト」とは、Webサービスやアプリ、コンテンツ、電化製品などの“使用感”をユーザー目線に立ってテスト(検証)するサービスを指します。

 直近では、東京都が都庁内で開発するサイト・アプリ・システムに、リリース前のユーザーテスト実施を強化する方針を発表する※など、注目を集めているサービスです。
 ※https://shintosei.metro.tokyo.lg.jp/post_utgl/

 「ユーザーテスト」を行うことで、見にくい・使いにくいなど実際にユーザーが利用してみてわかる問題の検出だけでなく、競合製品に対するウィークポイントなどもリリース前に検知、解決することが可能となります。

テスト・検証会社が行うことによるサービスの強み

 Web制作業者や商品の開発業者が関連サービスとして提供することが多い「ユーザーテスト」サービスですが、あえてテスト・検証会社が第三者視点で行うことで下記の強みが挙げられます。

  • 「ユーザーの視点」と「テスターの視点」を掛け合わせた独自の視点でチェック
  • 開発業者ではないため、純粋な第三者視点で忖度一切なしの辛口評価も可能
  • ユーザーテスト後の改修チェックまで一気通貫でサポート

 開発側の人が行うことで改修スピードは早くなりリリースまでの時間を短くすることはできますが、真の“ユーザー視点”に立つためにはそのサービスや商品の知見をなくしフラットな状態で評価を行うことでブラインド(見えない)になっている本当のユーザーの利便性を見つけることができると考えています。
 確かに、締め切りがあるのもわかりますが下地のある状態で行うとそもそも抜け落ちてしまうところにユーザーの声が隠れていると思うので、あえてテスト会社など第三者視点を入れることをおすすめします。

■お悩み解決に「ユーザーテスト」を導入してみませんか?

 実は利便性向上の悩みだけでなく、"コンバージョン改善" や "レビュー改善" にも「ユーザーテスト」は役立つんです。

ユーザーテスト.png

様々な悩みもEGテスティングサービスなら、

  • テスト(検証)経験豊富なテスターが、サイトの導線やページ遷移などを隈なく評価
  • 開発、運用者目線では気付きにくい課題を第三者目線で指摘
  • ユーザー層に合わせたテスターを選定し、プラス・マイナスの両面から本音で評価
  • 競合サービスとの比較調査にも対応、自社サービスの強み・弱みを把握できる

をすることで解決!!
ユーザーに寄り添ったサービス運営・製品開発をサポートし、ユーザー満足度の向上やサービスの改善にお役立ていただけます。

 次回の更新では、コロナ禍の影響で長引くリモート生活の中、すっかり身近になったあのサービスの人気の理由を実際に「ユーザーテスト」で調査します!お楽しみにお待ちください。

EGテスティングサービスの「ユーザーテスト」紹介はこちら

ブログ内容はメルマガでもお届け中!登録はこちらから