今回はインターネットの監視を行うイー・ガーディアンから見た広告の監視についてを簡単にまとめさせて頂きました。


タイトルの 『アドベリフィケーション』の・・・その前に、なぜイー・ガーディアンが広告の話?と聞かれることがあるので、こちらから簡単にご紹介させて頂きます。

イー・ガーディアンは『掲示板監視』『ネットパトロール』といったイメージが強い会社ですが、監視の延長で 『インターネット広告の監視』 も行っております。

『インターネット広告の監視』は大きく分けて2つあります。

■①出稿される広告の審査(監視)

■②広告が配信される先の審査(監視)

----------

■①出稿される広告の審査(監視)
媒体運営者様に代わって、入稿されてくる広告の広告主や商品やランディングページをチェックします。

 主に以下の基準審査

  ・景品表示法
  ・薬機法(旧 薬事法)
  ・特定商取引法
  ・その他 媒体独自のレギュレーション など

 審査に精通した専門のスタッフが最新の広告業界の審査トレンドに沿った監視を行います。


■②広告が配信される先の審査(監視)
まさに今回のタイトルにもありますが、『アドベリフィケーション(adverification)』を代行しております。

 ※『アドベリフィケーション』とは広告を配信する際に、広告主のイメージを損なうサイトに広告が配信されていないかを把握し、配信のコントロールを行う事。

アフィリエイト広告・RTB・アドネットワークなどのアドテクノロジーの進化により広告配信は「大規模な配信」「一括して配信」など効率的な広告配信が可能になりましたが、その反面、広告配信先の確認・管理が難しく、ブランドが毀損されるサイトに配信される可能性も無視できなくなりました。

その為、昨今急に弊社にご相談を頂くケースが増えてまいりました。


実際に弊社にご依頼、ご相談頂く企業様のお声としては

  『自社の広告がまとめ系サイトにも普通に出ていて取引先から指摘されて、びっくりした』

  『ネットワーク広告に配信先を増やしたいけど、配信先がチェックしきれない』

  『以前はCPA重視で配信先はそれほど気にしなかったが、何かあってからでは遅い』

などを頂きます。

現在では広告主様や広告代理店様以外にも DSP・SSP・アドネットワーク提供事業者様やASP提供事業者様など、サービス提供側の事業者様からも幅広くご相談を頂いております。

イー・ガーディアンでは監視専門のスタッフの目視チェックと、監視業務から生み出されたシステムチェックで大量かつ精度の高い広告審査オペレーションをご提供しておりますので是非お気軽にご相談下さいませ。

----------

<サービスラインナップ>



<詳細はコチラ>

広告審査代行

パートナー・広告出稿先サイトチェック

イー・ガーディアンの画像フィルタリングシステム
 
アドベリフィケーション機能「BrandSafe はてな」との取り組み 

サービスに関するお問い合わせ・お見積もりはこちらから

ブログ内容はメルマガでもお届け中!登録はこちらから