以前、このブログにおいて 

『違法アップロード対策に関する勉強会』に登壇
講演テーマ『監視・削除申請代行サービスの紹介』
をさせていただいておりました。

今回は、その内容に少しだけ(本当に少しだけです…)ですが補足をしたいと思います。

日頃、何らかの有料・無料動画配信サービスで音楽・ドラマ・アニメ・バラエティ・スポーツなどを、
見ている方も多いのではないでしょうか?
私の場合は格闘技が好きなので、UFCをPPVで見ています(笑)。


※補足ですが…有料動画配信コンテンツ市場は、DCAJ(一般財団法人デジタルコンテンツ協会)の独自の調査によると、2013年の国内の動画配信(VOD)市場は、約1230億円。2012年は1016億円とも言われるにぎわいを見せております。(参照元:http://www.spi-information.com/report/07269.html

もし、みなさんが何気なく見ようと思っている動画コンテンツが無料動画共有サイトに違法アップロードされていると知ったらどうでしょうか?


『有料配信されている意味が無い』
『無料動画サイトで探せばある』

きっと、自分が見たいから対価(費用)を支払うという行為をしなくなっていくのではないかと思います。

それは、コンテンツを提供している企業様にとっても、コンテンツ価値の低下や、時には売上にも影響することが懸念される問題です。

そこで、実際に当社へご相談いただき、無料動画共有サイトにおける違法アップロードのパトロールを行った実績をほんの少しだけご紹介致します。


~某企業様の1カ月当たりの対応実績~


①数千件単位で削除対応を実施


②数十億単位でPV数が減少
 ※監視対象コンテンツの削除対応が行われたPV数の合算数値。


③数万単位で再生回数が減少
 ※監視対象コンテンツ1件当たりの動画サイト内における再生回数の平均。



結果として、
『コンテンツをアップロードすると削除される』

『コンテンツを検索しても見つからなくなる』

『そのコンテンツを見なくなってくる』
というサイクルが出来上がってきております!

あくまで上記の実績は一例になりますので、ご予算などに合わせて
対応のカスタマイズを行い、サービスをご提供しております!
コンテンツの価値を守る為にも是非お気軽ご相談ください。

【参考リンク】
衛星放送協会での記事はこちら
当社では、投稿監視サービスの一環として、
著作権侵害対策のパトロール業務を展開しております。
インターネット上の違法アップロード監視・パトロールサービス詳細はこちら