以前、このブログにおいて 

違法アップロードからコンテンツを守るためには!?をご紹介致しました。

今回は、より各動画サイトの特徴を掴み、 

対策をより効率的に行えるよう、ちょっとした補足をお知らせ致します。

全ての内容に当てはまると言うことではございませんが、参考にしてください!

最近は動画共有サイト=youtubeと言うことではなくなってきているかもしれません。

ざっと見ても動画共有サイトは…

①Veoh Video(アメリカ)

②Dailymotion(フランス)

③Pandora TV(韓国)

④Youku(中国)

⑤ニコニコ動画(日本)

など、パッと思い当たるものだけでも、たくさんのサイトが存在しています。

他にも有料会員サイトや、ジャンルに特化した専門動画共有サイトなども存在しています。

 

◆各動画サイトの特徴

※主観的な点もありますので、正確な特徴ではないことをご了承ください。

①②→海外の音楽やドラマなどのタイトルが数多くアップロードされている。

③④→日本のコンテンツ(お笑い、アニメ、ドラマなど様々)も思った以上にアップロードされている。

Youtubeではすぐに対応されて削除されているはずの動画も存在し、テレビ番組などは放送終了後24時間程度で丸々アップロードされていることもあります。

⑤→主に日本のコンテンツを編集したものなどがアップロードされている。

全般的にyoutubeと異なり、60分を超える長いコンテンツもアップロードされていたり、 コンテンツを一本分まるまるアップロードされている場合もあります。

対策を取らなければいけないコンテンツのジャンルに合わせた動画サイト選びも必要になってきているのではないかと考えています。

 

 ◆youtubeへの対策

一方youtubeについては、根本的なユーザー対策を行い、

『コンテンツをアップロードするユーザー自体を排除する』

ことも、視野に入れて対策することも必要になって来ていると考えています。

これは、同じユーザーが3回違反申請を受けると、アカウントが凍結されることが確認できている為です。

日々状況が変化しているため、その都度様々な対策が必要です。

弊社の違法動画対策も活用していただきつつ、

ユーザーに安心していただけるコンテンツ提供をしていただきたく考えております。

 

 

最近弊社では、イー・ガーディアン違法動画対策のためのアップロード監視・削除要請を衛星放送協会にトライアル導入致しました。

 

あくまで上記の内容は一例になりますので、ご予算・ご状況などに合わせて

対応のカスタマイズを行い、サービスをご提供しております!

コンテンツの価値を守る為にも是非お気軽ご相談ください。

 

【参考リンク】

衛星放送協会での記事はこちら