24時間365日体制で大量の動画投稿も迅速にチェック

YouTubeをはじめとする動画共有サービスや、ライブコマース、ライブチャットなどのリアルタイム配信まで、24時間365日体制で大量の動画監視に対応します。映像のチェックはもちろん、投稿監視でのノウハウを活かした判断基準をもとに、誹謗中傷などの不適切な発言・音声も逃さずチェックし、拡大する動画市場の健全化をサポートします。
動画監視特化型新AI機能「TextVoice」を活用した、「AI×人」による業務の効率化をご提案することも可能です。

業務フロー図

投稿動画監視

貴社が運営するコミュニティサイトやYouTubeなどの動画共有サービスに投稿された動画を監視。誹謗中傷・アダルト動画・著作権や肖像権を侵害している投稿など、内容が不適切な問題動画があれば削除依頼文面の作成などの対応を行います。

インフルエンサーパトロール

インフルエンサーマーケティングを展開している企業向けに、YouTuberや動画クリエイターの配信動画を定期的にパトロールします。不適切な映像や発言が無いか、著作権侵害が無いか「引用」と「転載」の判定まで含めチェックするなど、コンテンツの健全性や信頼性の確保をサポートします。

ライブ配信動画監視

ライブコマース・TwitCasting(ツイキャス)・LINE LIVEなどのライブ配信サービスに投稿された動画をリアルタイムで監視し、不適切な問題動画があればユーザーアカウントの停止や削除依頼の文面作成などの対応を行います。

動画監視サービスの強みとポイント

  1. 大量の動画投稿にも対応できるチェック体制の構築

    24時間365日のチェック体制により、大量の動画投稿に対しても迅速にチェックが可能です。国内6都市海外8都市20拠点を擁する大規模体制を活かし、リアルタイム監視、定期監視など、柔軟な体制構築をご提案いたします。

  2. 「AI×人」によるコスト削減を実現

    動画内音声から特定キーワードを検知するAI機能「TextVoice」を活用し、「AI×人」による監視体制を構築。たとえば夜間にAI機能で特定キーワードの動画を検知してリスト化し、目視件数を削減するなどのコスト削減を実現します。

よくあるご相談

ユーザーが自由に動画を投稿できるサービスを開始したいが、監視方法が分からない

投稿監視の実績を活かした判断基準書の作成から、運用方法まで、サービス開始に必要な監視体制を一からご提案致します。

動画の投稿数が時間帯・時期により変わるため、投稿数に合わせた監視体制でコストを削減したい

動画投稿数の増減に合わせ、余剰人員を抱えない監視体制の維持が可能です。また、サムネイルでのチェック・倍速チェック・全編視聴チェックなど、予算やボリュームに合わせたチェック方法もご提案致します。

サービスに関するお問い合わせ・お見積もりはこちらから

導入事例

UUUM株式会社

膨大な動画コンテンツの監視を実施。動画の健全性や信頼性の担保に貢献

MIHA株式会社

インフルエンサーマーケティングの健全で安心安全なコンテンツ提供をサポート