薬機法・景表法などの専門知識を持つスタッフが実施するコンテンツパトロール

バナー・LP(ランディングページ)などの広告から、Webメディアなどの記事コンテンツまで、幅広い分野の広告パトロールを実施します。イー・ガーディアンは、一般社団法人 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)、公益社団法人 日本広告審査機構(JARO)に加盟していることから、たびたび行われる法改正やトレンド情報をいち早くキャッチすることが可能。薬事法管理者など関連法規に関する資格保有者による専門チームを組織し、広告運用をフルサポートします。貴社に最適な広告掲載基準書をご提案するなど、課題を抽出するコンサルティング業務から運用設計、レポーティングまで対応可能です。

業務フロー

広告やLPチェック、Webメディアの記事コンテンツをパトロール

バナー広告やLP、記事コンテンツなどの審査を代行し、メディアの健全化とブランドセーフティをサポートします。薬機法(旧 薬事法)・景品表示法などを基とする掲載基準・記事の信憑性・知的財産権侵害などの観点からチェック業務を行います。また、すべての業務において詳細なレポーティングを行うなど、長期的視点に立ったサイトの価値向上への貢献が可能です。

資格保有者による専門チームがリライト対応

薬機法(旧 薬事法)・景品表示法などを基にした広告掲載基準に、出稿先メディアの特性を加味しチェック。またNG・OKだけではなく、経験豊富な専門コンサルタントが添削を行い「法律違反の可能性がある箇所の指摘」「代替表現案のご提案」「関連法規などの共有」などきめ細やかなフォローをいたします。

AIにより画像の著作権侵害をパトロール

SNSやインターネット広告などの画像データに含まれる要素を自動解析する画像内物体検知システム「Kiducoo AI」を用い、企業が展開する商品・サービス・広告などに使用されるロゴやキャラクターの盗用による著作権侵害についてパトロールします。キャラクターの検知率は96.41%、ロゴは83.52%の高さを誇ります。

24時間365日、土曜・日曜日の対応が可能

国の施策で「働き方改革」が掲げられたことから、広告運用における残業時間の削減が各社の課題となっています。イー・ガーディアンでは、24時間365日、土曜・日曜日や夜間の対応が可能です。また、国内4拠点で対応しているため、発注から時間を置かず迅速に業務を開始することもできます。

よくあるご相談

商品が多岐にわたり、広告やLPの数が膨大になりチェックが間に合わない

月間25万件超の広告チェックを行っている実績があることから、膨大な数の広告やLPにも問題なく対応することが可能です。

サイトではなく、原稿のみのチェックをお願いしたい

原稿のみをチェックし、不適切な箇所があった場合はリライトまで行うなど、ご要望に応じた柔軟な対応が可能です。

LPを1ページだけチェックしてほしい

1ページからの対応も可能ですが、最低金額が10万円からとなりますので、ご了承ください。

サービスに関するお問い合わせ・お見積もりはこちらから

導入事例

UUUM株式会社

膨大な動画コンテンツの監視を実施。動画の健全性や信頼性の担保に貢献

MIHA株式会社

インフルエンサーマーケティングの健全で安心安全なコンテンツ提供をサポート

株式会社スパイスボックス

株式会社ファンコミュニケーションズ

広告審査業務をシステム化。案件の判別などにかかる時間を劇的に短縮し、審査業務の効率化を実現

株式会社フルスピード

薬機法などの関連法規に照らし合わせた原稿チェックを実施。具体的な修正提案まで行い作業の効率化をサポート

株式会社インタースペース